Posted by at
 

2010年06月22日

ちょっと興味があるDSソフト

色々な速度法がある中で、ちょっと気になるものがあります。

それが、「目で右脳を鍛える DS速読術」というニンテンドーDSのソフトです。

これは、速読を研究している川村明宏博士という方が監修しています。

川村明宏は、ジニアス速読術という方法を提唱しているらしく、これまでの研究成果を

盛り込んだソフトらしいです。楽天ポイントが数千円分あるので、買って試してみようかな?

なんて思っています(笑)  


Posted by ささはら at 09:19Comments(0)
 

2010年05月18日

漢字だけを目で追う

速読のポイントは、どんな内容が記載されているか瞬時に抽出することです。そこでオススメの方法が、本に書かれてある漢字だけをテンポ良く拾い読みすることです。だいたい漢字だけを並べても、文そのものの意図は代わりないので、記号のように認識すれば良いのです。誰でも出来る方法なので、やってみて下さいね♪  


Posted by ささはら at 23:33Comments(9)
 

2010年04月22日

速読に必要なのは推理力

速読は「早く読む」という力だけが重要視されていますが、必ずしもそうではありません。実は、物語や論旨展開を「推理する」能力も必要です。この先どうなるのか?、こうなるのではないか?と予め考えながら読むことで、必要な文章や内容だけを、自然とピックアップ出来るようになります。是非、速読力と一緒に推理力も身につけてみて下さい♪  


Posted by ささはら at 16:04Comments(0)
 

2010年03月22日

1分評論方法

読んだ本を1分間で評論するという、ちょっとおもしろい方法があります。
これは素早く本の内容を把握する方法にも通じるものがあります。
作者の言いたい内容に沿って、キーワードを素早くスキャニングします。
後は、頭の中で起承転結に沿って話を纏めるだけです。結構、速読自体が
鍛えられるのでオススメです。  


Posted by ささはら at 15:32Comments(0)
 

2010年02月16日

最初と最後が重要

速読の基本は、「結局、自分が何を知りたいか」に尽きます。
そこで、各章や節の最初と最後だけ読みましょう。中間部分は
理由やエピソードが並んでいるだけなので、飛ばしても大丈夫です。
知りたいことだけを読む速読法にチャレンジしてみて下さいね。  


Posted by ささはら at 11:02Comments(0)
 

2010年01月17日

ビジネス書なら、結論だけ読む!

ビジネス書を読む機会が増えると、あるコツを学べるようになります。
それは、書籍の前半は全く読まずに、後半に記載される結論だけを読む
ということです。というのは、ビジネス書の大半は似たようなことを
ダラダラと前半で記載しています。そのため、前置きは飛ばして読んだ方が
効率的だということです。これも一つの速読方法ですので、試してみて下さいね。  


Posted by ささはら at 00:07Comments(0)
 

2009年12月15日

速読ならイメージで読む

速読力を高めるには、ページに記載されている言葉を読むのではなく
イメージで右脳に記録していく形で、単語を記憶していくと良いです。
あとで、これらのイメージを繋ぎ合せて、本の言いたいことを読み取れば
良いので、非常に効率的に本の内容を理解出来るようになります。  


Posted by ささはら at 22:12Comments(0)
 

2009年11月16日

読まない!

人間は本を読む時に、声には出さないものの喉を鳴らして

読んでいる(ふりをしている)のだそうです。そのため、速読において重要なのは

意識的に文字を読もうとしないことだそうです。慣れるまでは難しそうですね。  


Posted by ささはら at 21:39Comments(0)
 

2009年10月30日

速読術の基本

結構、大量にビジネス書を読むことが多い私。

そんな私の速読術の基本をご紹介したいと思います。

最も基本になるのは、「目次」から類推して、結論となる部分だけを

斜め読みする方法です。この利点は、無駄な部分を省いて読めますので、

いちいち理由まで読む必要がない書物などには有効な速読法です。

100ページ程度の本でしたら、5~10分あれば読めてしまい、

かつ本が言いたい結論だけを拾い読み出来ます。是非試してみて下さい。  


Posted by ささはら at 22:06Comments(0)
 

2009年10月09日

はじめました

投稿テストー  


Posted by ささはら at 00:29Comments(0)